ネット 自動車保険 評判

ネット 自動車保険 評判

ネット 自動車保険 評判

料金が安いと評判のネット保険。
口コミをネットで見ると、どんなに評判がいいと言われる保険会社でも悪い口コミはありますし、どんなに悪いと言われる保険会社でも良い口コミもあります。

 

だから困るんですよね。
決められなくて。

 

こういうことを言う方がいます。

 

・ネット保険は代理店がいないから事故を起こした時に相談に乗ってもらえない。
・私は代理店で契約したから事故のときにすぐに解決してもらえた。
・顔のゴツイ代理店さんだから事故のときに早く解決してくれる。

 

こんなことをご存知ですか。
保険代理店は、事故の示談をする権限がないことを。

 

日本損害保険代理業協会のホームページに出ていますが、損害保険代理店は、損害保険会社から主に次のような権限が付与されています。

 

・保険契約の締結
・保険契約の変更、解約などの申出の受付(クーリング・オフの受付を除く)
・保険料の領収
・保険料領収証の発行・交付
・契約者などの告知・通知の受領

 

示談の権利はかかれていません。
代理店には示談して解決する権限はないのです。

 

事故の解決は、必ず保険会社の担当社員がおこないます。代理店方式の保険会社でも、ネット保険でも同じです。

 

ネットだからと言って、事故対応を心配する必要はありません。

 

ネット自動車保険を検討している方は、どこが一番いいのだろうと考えるでしょう。
私もそうでした。

 

どこがいい=事故のときにきちんと対応してくれる

 

これが一番ですね。

 

きちんと対応とは
担当者がていねいに対応してくれ相手方と交渉してくれること。
保険会社がきちんと保険金を支払ってくれること。

 

 まずは担当者です

 

ネットで評判がいい会社でも担当者が酷いという方がいます。
評判が悪い会社でも親切でていねいな担当者だったという方もいます。
正直いって、担当者は会社ではなく人です。
担当者は保険会社で判断はできません。

 

じゃあやっぱり、代理店のように人柄が目に見える方がいいのかとお思いでしょう。
でも、ご注意ください。
代理店は万一の事故のときに、示談交渉には何の権限もありません。
相手方と交渉もできません。

 

もちろん、事務的に処理できるような軽微な事故のときは代理店にお任せでいいんですが、人身事故になるとそうはいきません。相手方と交渉できるのは保険会社の担当者だけです。

 

代理店方式でもネット契約でも、いい担当者に当たるかはわからないということです。

 

保険金をきちんと払ってくれるか

 

10年ほど前、損害保険会社が火災保険や自動車保険の保険金をあれこれと理由をつけて支払わない不払い事件が多数起こりました。

 

こちらの記事にその時の不払い状況があります
ネット自動車保険事故対応

 

大手でさえこうです。
大きなところだから安心とは言えないのです。

 

でも、当時は国から厳しい指導を言い渡されています。
それに今はネットの時代。
悪い口コミはあっという間に広まります。
悪いことはできません。

 

どこを選んでも大差ない
これが私の結論です。

 

参考までに、私が各社の見積もりをとったときに感じたことを揚げてみます。

 

おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)

私がネットで見積もりをとるときに内容が一番わかりやすかったです。
特約は選ぶのが難しいものです。
この会社は、この特約を選択する人が何%いるか、中身はどういうものかが的確に表示されてとても分かりやすかったです。
特約を付けたり外したりして金額を確認するのがリアルタイムでできて、とても便利でした。
年額の掛け金は平均よりやや高めでしたが、代理店方式の約半分で済みました。

 

 イーデザイン損保(東京海上系)

大人の自動車保険と比べて、同じ内容で年額の掛け金が1万円以上安かったです。
実はここに決めようと思っていました。
見積もりも取りやすかったです。
特約の内容は、1位の大人の自動車保険のページを参考にしながら選択しました。
ここは、個人賠償責任保険の特約がありません。
今の時代、どんなことで他人に被害を与えるか分かりません。
その時に損害を賠償できる保険は必要だと思います。
イーデザインを選ばなかった理由はこれだけです。

 

SBI損害保険

同じ内容で掛け金が一番安かったです。
ただ、口コミが当時はあまり良くはなかったです。
もちろん契約者側の意見だけを聞いても片手落ちですし、良かったという人もいました。
ただ、あまりに掛け金が安いのは不安ではあります。

 

ソニー損保

数年前は、同じ内容で年額の掛け金が飛びぬけて高かったですが、今はおとなの自動車保険と大差ないほど保険料が安くなっています。
ソニーは高いからと敬遠していた方は、もう一度見積もりしてみることをおすすめします。
ネットでは一番人気となっていますが、口コミでは悪いという意見もあるのはどこも同じです。

 

セコム損保

万一のときにはすぐに現場に駆けつけるというのがこの会社の売りです。
駆けつけてくれるのはありがたいです。
でも、その場で事故の話の交渉を警備会社の人が出来ません。
それに年額の掛け金はおとなの自動車保険と同じくらいでした。

 

ダイレクト型自動車保険の第1歩は、一括見積もりから

最初から1回見ただけで自動車保険を契約する人はいないと思います。何度も保険金額や特約などを内容を見直して決定するのではないでしょうか。

 

ダイレクト型自動車保険数社から見積もりをとるのが一括見積もりです。各自動車保険会社にMy ページができるので、見積りの変更がやりやすくなります。

 

営業電話などはかかってきませんからお気軽にどうぞ。

 

⇒「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】